わたしのドーナツ

そもそも自己の感覚そのものが物語と物語の間に生まれる架空の概念でしかありません。ドーナツの穴を食べることができないように、ありのままの自分を探すのもまた不可能なのです。 『無』 かなりかなり意味深いことです。【Be yo続きを読む “わたしのドーナツ”