You are what you eat

知ってた?「あなたは、あなたの食べたもので出来ている。」

この言葉はずっと前に読書で知りました。つい最近、ある気になるレストランに行ったら、まさかこの言葉をスローガンにしてるのを見て、ますます好感度が上がりました。有機野菜をテーマにしているしかもめちゃめちゃおしゃれなレストランでした。体の中からリフレッシュ、若返った実感(思い込み—思い込みも重要だぞ) がありました。

これも漢方養生の話題に繋がりますが、漢方はいろんなジャンルがありまして、食養生はその中の大きな部分になります。薬膳もこのジャンルですね。まさに中心思想は 「You are what you eat.(あなたは、あなたの食べたもので出来ている。)」 漢方愛好家としては、「Cannot agree more!」しか言いようがない。

漢方養生は、心(メンタル)、食事、運動、休憩、四季、地域風土、経絡…各ジャンルも膨大且つ深い知識理論があります。その入り口として、私の“ずぼら漢方ライフ”のあれこれを書いてみましたが、すべて私自身の経験を含めて(すなわち”実践型”)養生理論の一部のみ—「因人養生」のジャンルからでした。(下記リスト参照)

漢方に少し興味を持ち始めた方に、漢方の基本思想や私が漢方に興味を持ち始めた理由の投稿も、良かったら合わせて読んでみてくださいね。

なかなかいくつかの投稿で語り切れない漢方のことですが、私は「外見の健康は中身の健康から」、「美人は美食から」という持論を、これからも自身に実践しつつ証明し続けたいと思います。

上工治未病

“上工治未病”は中国医学の古典に有名な言葉です。訳すと「名医は未病を治す」ことです。名医は、病が芽生える初期の段階で未然を防いでしまうものだという意味です。未病とは、肩こりや疲れやすい、胃腸が弱い、便秘、ニキビ、不眠、冷えなどなど、何となく体の調子がよくない状態です。体から出しているサインを見逃さず改善する(養生する)のは漢方の考えです。

実は「漢方」という言葉は中国語ではありません。日本語です。漢方は、奈良時代に中国から伝来した中国古代医学を基本とするもので、その後日本に独自発展し実践されてきた医学体系です。西洋医学が伝来したとき、それを「蘭方」(主にオランダ医学)を呼んだのに対して付けられた呼び名は漢方です。

漢方の起源である紀元前の古代中国医学は、近隣諸国をはじめ、シルクロードを経てヨーロッパにまで影響を与えました。日本に「漢方」の形に発展されてきたが、現代中国の「中医学」はもちろん、「韓医学」と「高麗医学」も中国古代医学が起源の伝統民族医学です。

私は中国居たころには中医学の知識も関心もなかった。最初に大人ニキビの悩みから体質を改善しようというきっかけで、中国の中医学養生学の著書を取り寄せて読んだりしていましたが、日本に居るので体系的に勉強したのは日本の漢方です。いきなりではおそらく非常に分かりにくい理論で漢字も多いですが、中医学の読書しかも生活に浸み込んでいた幼少期の体験もあり、私にはスンっと頭に入りました。

残念ながら、中国では、私の世代(いや、もっと上の世代から、たぶん60歳以下)になると、中医学は“ダサい”と考える人が多数派です。“養生”と言ったら、老人のイメージしかありません。日本で漢方を習うとわかりましたが、日本ではダサいというイメージはないじゃない!

中国は先進国のあれこれを熱心に真似をして発展を謳えていますが、(それはそれでいいんですが)それよりも(それと同時にでもいいし)、自国の古来の伝統文化(例えば中医学)をもっともっともっと大事にすべきではないかと思います。中国に離れて強く思いますが、他人の真似をする以前、自分の国の、民族の本来にある文化に自信を持って発展させてほしいなぁという願いは常にあります。(話が変わりますが、野生動物を使っていわゆる強壮養生というのは、一部の人が中医学を歪曲利用しているから、非常に反感を持ちます。中医学の本質はそうではありません!!)

私は中医学に誇りの思いを持ちながら、日本の漢方を謙虚に勉強し続けています。

中から外へ 肌のトラブル

世の中のいろんな現象は、理由は外ではなく中である。健康もそうです。

肌のトラブルを例えにしましょう。世の中にあらゆる化粧品がありますよね。スキンケアにお金を惜しまず高価な化粧品を次から次に買う大人たち(特に女性)。ある程度は効くと思いますが(もちろん私も毎日スキンケアに手抜きをしません)、根本的にはどうでしょう?

Photo by cottonbro on Pexels.com

私は青春時代が終わってからも、大人ニキビに悩んでいた時期がありましたから、あらゆる化粧品を試していました。でも、スキンケアに関係なくニキビが出たりしていました。

ある日有名な医者の本を読んでひらめいたのです。“コラーゲンを肌に入れたらぷりぷりの肌になるのでもなく、コラーゲンの材料を入れたらぷりぷりの肌になるでもないのです。なぜかと言うと、材料があっても工場の生産力(肌の機能)が低下しているならきれいな肌を作れないのです。”

なるほど。お米があっても炊飯器がちゃんと機能しないなら、美味しいご飯を作れないもんね。そうだ!肌をきれいに保つのは、この成分あの成分を塗り入れるのではなく、自分の肌という器官を健康に保つことだ!

それから私は化粧品を付けたり塗ったりするよりも、自分の生活習慣や飲食から体質的なことに目を向け、皮膚という体の一つの器官の不調を改善するように方向を変えました。その考えは、漢方にありました。

私の親の世代は中医学(日本なら“漢方”)が民間に広がっていたから、「薬膳」のような家庭料理は普通に家の食卓にありました。私の親は60代になっても、年齢のわりに結構顔色が良く、肌がツヤツヤです。私は17歳に親元を離れ、適当な食生活をしていたから肌の不調が出ました。その後自分の生活習慣や食生活を見直しましたら、肌がきれいになりました。

やはり、大人ニキビの原因は自分の体質でした。ニキビだけでなく乾燥もシミもシワも、スキンケアは不可欠ですが、化粧品を付けるだけじゃ効果があっても短期間なことで不十分です。中の原因を見つけるこそ根本的な対策ですね。

中身が健康であれば、外見もきれいなはずです。それは、私が漢方に興味を持ち始めたきっかけでした。きれいにいたいからです。

腹痛の原因がやっと分かった

腹痛は、誰でも一度経験したことがあると思いますが、原因はぞれぞれでしょう。病院に行くほどでもない時がほとんどで、病院に行っても胃や腸が問題なければ、痛み止めか整腸剤など一般的な薬を処方されるでしょう。

それが私自身の経験です。7~8年間、原因不明の腹痛がありました。頻繁ではなく、半年に1~2回か、多い時は一ヶ月2回ぐらい、頻度はまちまちでした。しかし痛みの感覚も時間も、症状は同じでした。病院に行くほどでもなかったのでただ痛みを我慢していました。定期的な人間ドックの結果は何も異常がなかったし、お腹の臓器すべて精密検査したこともあるけど何も問題がなかった。

漢方を習ってからやっとその原因が分かりました。痛み方の説明が難しいが、漢方理論を体系的に学習すると自分の状態をよく観察し始めました。結論を言うと、私は「気滞」状態になっていたです。

「気」が滞る状態は「気滞」と言います。気が滞ると、いろいろ不調が出ます。私の腹痛はそのような症状でした。体の中「気」が動くので、一年中ずっと痛みが出るわけではなく、気のバランスが良い時は何も異常が出ませんが、気のバランスが崩れる時に不調が出てきます。

「気」は動く性質を持つので、気滞の症状は複雑且つ変動的です。お腹が張るような遊走性の痛みだったり、イライラして怒りっぽいのも気滞の時の症状です。私自身の例を話しましたが、他の人も腹痛だったら「気滞ですね」とは一概に言えません。ここで伝えたいのは、厄介な「気滞」状態にならないように、普段から気の流れをよくすることが大事です。

気滞の大敵はストレスです。「心身一如」だから、ストレスは体にダメージします。ストレスをためないように常に工夫しましょう。

ストレス対策だけではなく、食事からも運動からも気滞を改善できます。私は長年の悩みが消えた今だからこそ、気の流れを良くする習慣をずっと保っています。その中の簡単な方法を3つお伝えしますね。

  • 規則正しい生活リズムで気の流れを整える。
  • 香味野菜やハーブ類(例えばニラ、金柑、茴香、他にもたくさん)を意識的に摂る。
  • 呼吸法も取り入れながらヨガやストレッチで滞りがちの気を動かせる。
Photo by Eternal Happiness on Pexels.com

西洋医学では解決できない悩みでしたが、漢方医学から改善案が見つかりました。私は漢方を習ってよかったと思います。「漢方養生指導士」の称号に留まらず、知識と情報のアップデートをしながら、日々セルフケアー・セルフキュアーを一生実践していきます。

そうですね…どうして私は漢方に興味を持ち始めたでしょう。——次回にお話します。

梅雨の季節に不調が出やすい人へ

梅雨時に眠かったり、だるかったり、食欲がなかったりしませんか。—–はい。数年前の私はこういう状態でした。

『養生は自然との調和』に言及したように、梅雨時の湿気に影響を受けて、人間も「水滞」になりやすくなります。繰り返し言いますが、漢方では人体が「気・血・水」で構成されている考えです。水(津液)が滞っている状態は「水滞」と言います。水滞は、体内の水(津液)のバランスが崩れている状態ですので、本来は一年中に時期に関係ないですが、梅雨とか湿気が多い季節に、自然環境の影響でひどくなりやすいです。

Photo by Bibhukalyan Acharya on Pexels.com

水滞状態になると出やすい症状を見てみましょう。

  • 体が重たくだるい
  • むくみやすい(特に下半身)
  • 雨の日や梅雨に具合が悪くなりやすい
  • 下痢、軟便になりやすい
  • 吐き気とめまい、車酔いしやすい
  • お腹がチャポチャポしている
  • 朝のこわばり
  • 痰/鼻水が多い、鼻づまり
  • 頭が重く痛い
  • 汗がベタつく
  • 胃腸が丈夫でない
  • おりものが多い(女性)

いくつか自覚症状があると、意識的に水分代謝をアップさせることから改善してみましょう。他のタイプ(瘀血、気虚、血虚、気滞)と同じように、ライフスタイル・食事・運動の各方面からアプローチできますが、ここではそれぞれ重要なポイント、且つ私自身に効いた経験についてお話します。

ライフスタイル:環境の湿気に注意、身体を冷えない 水分代謝の妨げになる冷えに注意しないといけません。私の場合、当時(数年前)、エアコンをつけているオフィスにほぼ一日動かず座っていたので、知らずしらず体の中が冷えていたと考えられます。なんだか体が重く感じました。今は、家にいる時に、エアコンでは冷房ではなく除湿機能を使っています。服の調整も気をつけています。晴れる日は寝具を干したりして湿気を除きます。体の冷えを防ぐために蒸し暑い日でも冷たい飲み物をめったに飲まないです。

食事:利水(水の流れを良くする)食材を積極的に摂る 豆類やウリ科の食材は余分の水を流すはたらきがあるので積極的摂りましょう。私が水滞状態だった時の一番困った症状は、食欲がなかったことです。食べたくなくても、ショウガ(「体の除湿」ができる)ときゅうり(水分代謝を良くする)だけは毎日食べていました。今は漢方学の食材の性質を考えながら、自分の状態に合うように食生活をしています。

運動:汗が出るぐらいの運動 私はもともと汗が出にくいタイプで、数年前の梅雨に水滞気味になった頃も運動習慣もなくほぼ汗が出ませんでした。後で思えば、だから水滞気味になったんですね。改善法は、じわじわ汗が出るぐらいの運動もそうですし、汗がかけるぐらいの入浴もおすすめです。

私の場合は、数年前に水滞の症状がいくつかありましたが、病気の程ではなかったので、時間を掛けて自己改善できました。今も梅雨の季節に水滞にならないように意識的に養生しています。具合が悪くなりやすい梅雨の季節ですが、Happy bodyになる方法はいくらでもあります。一緒に乗り越えましょう!というより、梅雨でも「今!」この季節を楽しんで生きましょう。

 漢方の考えでは、気・血・水(津液)とは人体の構成成分のことです。それぞれの働きがしっかりしていて、バランスが整っていれば理想ですが、どちらかが不足したり、滞ったりしていると、それぞれ「バランスを崩したよ!」という警告が自覚症状となって現れます。体質別の「因人養生」は漢方医学の氷山の一角ですが、少しずつ紹介していますので、ご興味のある方はブログの「体の時間」・「Happy body」シリーズを読んでみてください。

養生は自然との調和

気を補うために早起き血を養うために早寝」についてお話しましたが、そもそも漢方の根拠は何?

人体の一つ一つ臓器について知見を深めていく西洋医学に対して、宇宙の原理にのっとった生活をしていくこそ無上の医学と考えている東洋医学。漢方のベースとなる理論を少々お話します。

陰陽五行説 陰陽五行説は古代中国の自然哲学であり、宇宙観です。『陰陽論』と『五行説』2つの哲学的思想の融合から成り立っています。宇宙の基本原理は陰陽五行説であり、人にもこの原理に当てはまります。漢方養生は、人が陰陽五行説に従って生活すれば健康を維持でき、従わなければ病気になるという考えです。

天人合一 漢方養生では、人間は自然(宇宙)の一部分であると同時に、それ自体が小宇宙を形成している考えです。自然と調和し、体内の陰陽は自然の陰陽変化に適応し、陰陽のバランスを保つことが養生の基本になっています。

心身一如 漢方では、心と身体は切り離せない関係にあると考えます。つまり体のヘルスとメンタルヘルスはお互いに影響を与えることです。

どれも簡単に説明できる理論ではありません。特に陰陽論と五行説は、そのジャンルの本を読めば読めるほど興味深いです。

一つ身近の例をお話しましょう。梅雨の季節になると頭が重くなったり、体がだるかったり、吐き気やめまいが起こりやすい方は少なくないでしょう。自然の湿気の影響を受けて、体の「水」が滞りやすくなります。このように、私たち人間は、避けられず宇宙(自然、四季)の影響を受けています。その影響を受けながら、ライフスタイルや食事・運動など、自然に順応と調和しながら生きていくことは、漢方養生の原則です。

梅雨といえば、今このジメジメは、「水滞」タイプにとって一番苦手な時期です。そうだ、次は「水滞」についてお話します。

“養血”のために早寝しよう

「ある体質の人に対して、夜更しをやめるべき」の漢方的な理由についてお話します。

どの体質でしょう。答えは「血虚」タイプです。

漢方的視点で人体を見ると、「気」「血」「水(津液)」の3つの要素で構成されていると考えられます。血が十分に足りていると顔色がよく、筋肉が充実し、皮膚も毛髪も潤いと艶があり、視力もよく、四肢の活動も機敏です。はっきりとした意志を持つことができ、感覚も鋭く、意欲的に活動することができます。

反対に血が不足すると、目がくらみ、顔色がツヤがなくうす黄色くなったり乾燥になったり、毛髪がうすくパサつき、手足がしびれます。記憶力が減退し、熟眠できなかったり、イライラしたりぼんやりしたりします。

私は夜型でした。(今も深夜まで起きてることが得意です)20代前半までは徹夜遊んだりしたこともあったり、特に調子が悪くならなかったですが、流石に30代後半に夜更しをしたら血虚気味になった時期がありました。仕事では一日中目と脳を使う時間が長く、夜もやることが終わらなくて寝るのは深夜。そういう時期に、なんとなく調子が悪かったです。もともと血虚体質ではなくても、ライフスタイルで血虚気味になってしまうこともありますから。

気虚と同じように、漢方的なアプローチは多方面から可能です。ここでは一点のみを強調したいです。

—-血虚タイプ、夜更しは禁物!です。(夜型が悲鳴…)

「血虚(血が不足)」だから、「養血(血を増やす、養う)」の必要があります。中医学でも「養血は夜」と言われています。

Photo by Du01b0u01a1ng Nhu00e2n on Pexels.com

すなわち、“養血”のために早寝しましょう。(ま、血がたっぷりで特に不調もがなければ、夜型だったら夜型のままでもいいんじゃないかとも思いますよ^^)

“朝食抜き”に向いていない人は?

一般的に、「早起き早寝朝食」は健康に良いと言われていますが、「朝食抜き」を大胆に提唱する医者も居るそうです。朝食抜きで体が軽くなり、頭もスッキリという朝食抜きを実践している友達も実際に居ます。もはや流行りのNo-carb Diet(炭水化物抜きダイエット)、朝食を食べても、主食類を摂らない人も多いではないでしょうか。

ほら、この本にこう書いてるよ、モデルやセレブたちもそうやってダイエットしてるんだね、だからといって自分もまねしてみようという方、まずは自分に適しているかどうかを見極めましょう。

結論から言うと、朝食抜きは、「気虚」体質の人には向いていません。

これも漢方理論です。人体は気・血・水で構成されています。「気」が不足している状態は「気虚」といいます。気虚体質の人には、下記のような特徴があります。「気が不足してるよ!」という身体からの警告です。

  • 疲れやすい、体力がない
  • 倦怠感が強く、やる気が起こらない
  • 寒がり
  • 風邪を引きやすい
  • 何もしなくても汗をかく、または無汗
  • 少し動くと息切れがする
  • 声が小さい
  • 朝が苦手
  • 食後眠くなる
  • 食欲がわかない
  • 胃下垂気味
  • 肌にハリがない
  • 下痢しやすい
  • 不正出血(女性)

すべての項目に当てはまらなくても、いくつか自覚症状がありましたら、少し意識し始めたほうがいいです。病気のほどでもなく、この「未病」の段階だからこそ、養生が重要なんです。病気の段階に進んでいってしまうと、治療が必要になりますから。

それでは、どうすれば「気を補う」ことができるのでしょうか。食事改善や運動などいろんな面からアプローチできますが、ここで強調したいのは朝食です。前編の「気を補うために早起きしよう」の続き、「気を補うために朝食はしっかりと食べよう」を言いたいです。気を補うには、身体を温める食べ物を意識的に摂り、穀類・芋類・豆類を積極的摂ることをおすすめします。

私は気虚タイプではありませんが、気虚にならないように、朝食をしっかりといただきます。炭水化物抜きダイエット(キープフィット)もある程度意識していて、夕食なら炭水化物抜きの時が多いですが、朝食ではご飯かパンの主食類を欠かさず食べています。

これがいいと言う人も居れば、反対にあれがいいと言う人も居るでしょう。物事の判断は、まずは自分のこと(体質)を知ることからですね。

気を補うために早起きしよう

2021年の半分が過ぎました。これからの半年は、ありのままに(言い換えれば、もっと自由に)過していこうと決めました。

さて、7月は私の”ズボラ漢方養生ライフ”をシェアしようと思います。まずは、どうして夜型人間の私が、朝活に憧れていた漢方的な理由をお話します。

Photo by Cliford Mervil on Pexels.com

結論から言うと、表題の通り、「気を補う」ためです。「気」は「お元気ですか」の「気」です。「気」というのは、生命エネルギーであり、また生理機能を意味しています。気が不足すると、疲れやすい、体力がない、やる気が起こらない、寒がり、風邪を引きやすい、肌にハリがない。。。このような不調が出てきます。

若い時は気が十分あると思いますが、過労、睡眠不足、朝食抜き、食事制限のダイエット、病気による体力消耗などは、年齢と関係なく気虚の原因になります。

「気」は朝につくられると考えられます。早寝早起きして、朝の太陽の光でエネルギーチャージ、元気のパワーをもらいます。『黄帝内経』(中医学の基盤となった古典著書、紀元前の日本の縄文時代相当)「日の出と同じ時間に起床する」のがいいと書いてありました。

私は体質的に気虚タイプではありませんが、いつでもイキイキ、エネルギッシュな状態をキープしたいから、朝型になりなかったです。手軽ですし無料です(笑)

もちろん朝の光や空気だけじゃ十分ではありません。漢方養生では、朝食も非常に重要です。それは今度お話しますね。

Enjoy Aroma – アロマを愉しむ時間

神さまが人間に、たくさんの素晴らしい植物を創ってくれました。植物に秘めいたパワーを、人間が長い歴史を重ね、経験と知恵を積んで、学問として発展してきたアロマテラピーは、医療分野にも美容分野にも広まりました。

アロマテラピーは、植物の有効成分を凝縮した精油を使って行う自然療法です。勉強すればするほど奥深い学問ですが、とりあえず深く考えず、生活に植物の香り、大自然の香りを心地よく感じるぐらいの気持ちで、アロマをエンジョイしよう。そう考えている私は、私流の『アロマを愉しむ時間』シリーズを第一弾として投稿しました。

私の気まぐれの文章(下手な日本語ですが)と一緒に、あなたも少しでもアロマ精油という大自然からの恩恵を愉しむ気持ちになれたら嬉しいです。

P.S.  精油は100%天然のものですが、だからと言って誰でも安全とは言えません。体調や体質によっては使えないケースもあったり、使い方が間違えるとトラブルになったり、精油の作用はパワフルなので注意しなければいけません。もう少し精油について知りたい方は下記の投稿も読んでみてね。

以上、Happy body – Aroma シリーズの第一弾ですが、使い方を詳しく触れていません。市販のアロマグッズから手作りレシピまで、活用方法はたくさんありますが、一言言うと、新しいことを始めるには、好奇心+余裕が必要です。すぐではないですが、次は、初心者からプロまで、誰でも気軽に使える方法を提案したいので、楽しみにしていてください!