白色の御守

あけましておめでとうございます🎍

2023年もう3日あけましたね!年末年始いかがお過ごししましたか?

私はクリスマスから年明けまで、万華鏡を観ていたか自分も万華鏡の中に居たのか、不思議な時空交錯の感覚でした。ほぼデジタルデトックスでした。

人生は万華鏡のようだ。

2023/1/3 Nene Z

2022年の手帳を見返り、困惑したり苦労したり辛かったり泣いたりしたことが書いてありましたが、一冊を閉じる時に、こんなに幸せになるとは!幸せの有り難みを感激あまり、涙が出ました。

初詣に行って、神様にお礼を言ってきました。そして、今まで選んだことのない、白色の御守を求めてきました。

今年は白のように、純粋 謙虚 淡泊に生きたい。

寂しさ

寂しいときは、心が満たされてないとき

心に愛が満ちるときは、寂しくない

寂しくないときは、愛される安心感があるとき

愛に満たされなく不安なときは、寂しくなる

寂しさは愛のバロメーター。

青・蒼・碧
サーサー・ザァーザァー

愛する人に、安心感を与えたい。愛する人に寂しくさせたくない。心が満たされたら、どこまでも冒険に行く勇気が出るからさ。

愛は、器用か不器用じゃない。愛は、純粋に愛するか、しないか。

娘としても 友達としても 恋人としても 妻としても 母としても、愛に不器用の私は、純粋に愛する人に 寂しくさせたくない。

信じる心(1)

早速、息子がサンタさんからもらった青春18切符で旅を楽しんでいます。一人旅は初めてではなく、夏休みも新幹線に乗って3泊4日の一人旅をしてきました。勉強はしないけど遊びはしっかり一人で計画して自主性も行動力も抜群。

ママ友のこういう悩みはよく聞きますが、「良い高校、大学に入らないと!」とか「将来は食べていけるか不安でしょうがない」とか。いやあ~うちの子煩悩とは次元が違いますね。正直、私は13歳息子の一人旅も、勉強しないのも、将来のことも、気にかけるのはあるけどさほど不安はないです。

なぜか、なぜか私は息子を信じています。

一人旅出ている時に、私は随時GPSで移動位置を確認しながらも、彼が無事に帰れることを信じています。
勉強は今きちんと土台を作らないと後から大変になるでしょうが、彼はいつか自分の道を自ら開けると信じています。
今熱中しているピアノも余計に口を出さず、彼の人生に音楽が一生の伴になってくれると信じています。

Photo by Sharefaith on Pexels.com

私は母親業が得意ではなく、子育てが大苦手なんです。強いて一つだけ成功したと言えば、「我が子たちはしっかり自分の意志を持っている」ところです。

母親として、子どもの幸せを願うばかりです。こどもたち自分も幸せに生きたいです。幸せになる力を身に付けて、幸せを見つける知恵も、彼ら自分の一生にかけてどんどん経験していくものです。

愛する我が子をただただ信じています。それで十分ではないでしょうか。
—–しょうがない、こうしろああしろと言っても聞いてくれないから(苦笑)

それぞれのサンタ

皆さんメリクリー🎄🎅🎄

昔、私はクリスマスを大げさに祝ったことがなかったけど、母になって子どもたちに楽しい思い出を作りたくて、私の人生にクリスマスを一大イベントとして定着しました。

毎年子どもたちはサンタさんへお手紙にウイッシュリストを書いてクリスマスツリーの下に置きます。

お手紙をこっそり開けて、基本的にリスト通りに用意して、クリスマスイブにこっそり出す一連のことは、ママサンタの仕事です。しかもおじいちゃんおばあちゃんからのプレゼントも、私に任せているから、毎年大変です!!

正直、もうサンタさん居ないよ!と言いたかった。小6女子と中2男子の二人は、ずるいですよ。「サンタさん居るよ!絶対に届けてくれるから!」と演じているかなぁ??

だって、送料やウェブで注文の仕方まで、サンタさんに細かく指示を書いてありますよ。これが我が家の小6女子のウィッシュリストです——-

中2男子は数年前からパソコンで画像付きに作ってプリントアウトしています。今年はまさかの金券!しかも1万円は欲張りすぎでしょう。

最後に、ママサンタの私は、自分のことを忘れるぐらいに忙しいから、クリスマスシーズンに自分にひとつひとつ小さな幸せを積んでいます。

今も子どもたちの喜ぶ笑顔を見るのも、家族にクリスマスディナーを作るのも、すっごく幸せです。将来、子どもたちが自分たちでクリスマスを過ごすようになったら、私のクリスマスのビジョンも描いてみました。ビジョンがいつか現実になるのが楽しみです。そして、長い間悩んでいだことの答えが見つけた気がします。きっとそれはサンタさんからの贈り物だ。 

申し訳ないぐらい、私はずっと愛のある人生を歩んできました。愛が溢れるから感謝しきれないほどです。愛と感謝をギブしたい。それは私がOtherishGiver(バランス的なギバー)を目指す根本的な理由です。

ビジョン

「人生が思い通り!」そう思いませんか?

反対意見の人が多いでしょう。誰でも何事も上手く行きますようにと願うばかりですが、現実的にバッチリに順調にいかないことのほうが多いですよね。

引き寄せの法則が科学的に証明されていないと言われますが、私はどちらかというと肯定に思います。

「人生が思い通り」私は7割そう思います。

上手く行くことも、上手くいかないことも、全て原因があるからです。上手くいかないことの原因を考えなかったり、考えても分からなかったり、原因がわかってても実際に行動を起こさなかったりするから、上手くいかない結末になってしまいます。本当に「思う」なら、その「思い」からの行動を行うはずです。なので、「人生が思い通り」にいくかいかないの話をする前に、そもそもその「思い」って、ホント??

何を望んでいますか?

自分に嘘をつかないで考えてください。あなたは本当にその「思い」を切に思っているんでしょうか。

話戻りますが、「人生が思い通り」7割の中身は、「本当の思い」と「切に思うからその思いよる行動」です。残りの3割は?

運命です。運命の流れに逆らうことは無駄なことでしょうが、7割の「思い」が人生の船の舵を握ってます。

「思い」って何かというと、「ビジョン」です。映画のワンシーンみたいに、主役の自分があり、舞台があり、共演者が居るイメージですね。

ビジョンの全貌やディテールを最初からはっきりイメージしたくても無理があります。ぼんやりしている感じでいいです。進んでいくうちに(何かしらの行動をしないと進まないからね)、その思いが強ければ強いほど、だんだんはっきりに現れて、やがて現実に起こります。途中で思いが弱くなるかもしれないから、それが本当に望んでいない「思い」だから未来に現実化にもならないです。

7/3は私のイメージですが、6/4や8/2でも人それぞれでしょう。3割は無意味に抵抗しない方がいい。それは私たちの思いでコントロールできる範疇ではなく、「神の領域」ですから。

無我

自信・自尊・自愛は「自我が強い」意味ではありません。

むしろ、その逆に近い、「無我」です。

自分を肯定し自分を大切にするからこそ、自分の大事な事、愛する人を大切にする勇気があります。自分の価値観を大事にする自信があります。

我を忘れるぐらい夢中になる趣味、仕事に没頭する時間が幸せです。「フロー」ゾーンに入って、我の存在が取り組む活動と一体化になる「無我」です。

愛と慈しみの瞑想(loving -kindness meditation)を行う時によくわかりますが、愛しい人を想い浮かべ、その人を優しく包みたくなるような体験はとっても幸せです。自分が空気のように、ふわふわ綿のように、水のように…自我の形が無くなって意識しなくなる「無我」です。

自我を超越する「無我」にさせてくれる何か(人でも趣味でも仕事でも信念でも)に出会えたら、至福の瞬間が訪れます。

PS.
「無我」を書くきっかけは最近観た映像作品の感想です。
Let me be part of your life, be part of your happiness.
Let me be —
— part of you・・・

Do you love yourself?

愛してる?あなた自分のことを。

誰も愛してくれなくても、絶対、自分だけは自分のことを愛してあげてね。

特にお母さんたち、時々自分を愛することを忘れていませんか。

私は過去にそういった経験がありました。余裕がなかったです。それは非常によくない。

「こどものせいで自分を愛する余裕がない」状態は要注意です。大切な守りたい人が居るからこそ、こんなに頑張れるんだよ。だから自分も大切にしないと。お母さんたちにとっては簡単ではありませんけどね。
自分を愛してるからこそ、自分の大切な人を愛するパワーが出てきます。自分すら持っていないものを、他の人に与えることができませんから。

自分を愛するからこそ、自分の愛する人を大切にできる。

「感謝日記」が流行っていますね。一日の終わりに、他人に感謝する気持ちを書くのは素晴らしいです。たまには自分にも感謝することを忘れないでくださいね。

今日は自分に何か良かったこと、ありがたいことがありましたか?
それは自分の何か良い行動の結果だったでしょう。その行動のきっかけにさせてくれた人にも「ありがとう♡」と自然に思うでしょうか。

例えば、すれ違いがあった友達と素敵な時間ができてよかった。→自分が先にモヤモヤした気持ちを打ち明けてよかった。→そのきっかけを与えてくれた友達に感謝します。→行動した自分にも褒めてくださいね。

逆も一緒です。日々(定期的にでも)反省することは自己成長に繋がる良い習慣ですが、自己肯定ができない人は、自分を否定するばかりじゃ本当の意味の自己成長ではないです。

自分にアメとムチ両方を持ってください。

最後にここで自分を1つ褒めておきます。
連続40日ぐらい、私は家族の夕食に毎日違う料理を出しています。グルメの息子から「1ヶ月以内同じメニューを出さないで」というリクエストに応えて頑張ってきました。こどもからは特に何もありがたみがなさそうですが、大丈夫、どんな小さなことでも、自分だけは自分を褒めますよ。大きな幸せになります!!

-20d’22残り20日!時間の使い方を考える

今日で、2022年の最後の20日になりました!映画のように今年の元旦に巻き戻しますと、あなたはどんな願いと希望がありましたか?

実現しましたか?

時間の使い方は命の使い方

「時間の使い方は命の使い方」はノートルダム清心学園理事長渡辺和子さん(『置かれた場所で咲きなさい』の著者)の言葉です。この一年、あなたはどういうふうに命を使ってきたでしょう。

時間は平等にある

時間の使い方はいのち、つまり生き方そのものです。一時間、一日、一ヶ月は気付かないかもしれませんが、一年になって振り返ると、私たちは「こういうふうに生きてきた」が見えてくるでしょう。

私は「時間がない!」が口癖で言いますが、実は時間がないじゃない よね。みんな時間があります!時間をどう使うかです。

今年もみんな、345日がありました。あなたは誰と・何に・どうやって使ってきたのかを振り返ってみたら、何を大事にしてきたかがわかるようになるでしょう。

優先順位

私たちは何かのために時間を取ると同時に、それ以外の事・人に使う時間を捨てています。無意識かもしれませんが、私たちは常に時間を使うことと使わないことの取捨をしています。すなわち、生き方を選んでいます。

振り返って見ると、発見があるはずです。もっと〇〇(大事なこと)に時間を使えばよかった。もっと〇〇(大切な人)と一緒に居ればよかった。そういった反省があるでしょうか。

私は常に時間の使い方を見直していて、ブログ(日記)に反省と思考の内容が多くありました。
気をつけるのは、目先の快楽より、一歩先を見据えた優先順位を考えて行動し続けます。緊急性がないことを先延ばしてしまいがちですが、緊急性がなくても重要性が高いことなら、時間を計画的に使うべきです。大事なこと・大切な人に確実に時間を割くために枠を確保すること。

人生の旅に誘惑がたくさんあるので、寄り道をしたくなるのはよくあること。寄り道を楽しんでもいいけど、本当に求めるのは何か、心の底にあるDesireに意識してみたら、遠くまで歩けます。

魚与熊掌不可兼得

中国のことわざ「魚与熊掌不可兼得」があります。日本語の、「二兎を追わず」と同じような意味で、「同時にあれもこれも求めるのは難しい」です。

あれもこれも時間を使いたい気持ちはありますが、人生の各段階でどうしてもアンバランスになります。私もよく焦ったりしますが、大丈夫です。スローダウン!人生の旅を楽しむ余裕を持ちましょうね。

80/20ルール

最も大事な2割の事・人に、8割のエネルギーを使うべき80/20ルールがありますが、現実的にほとんどの人は逆です。つまり、2割の重要性の低いことに、8割のエネルギーを消耗してしまっています。もったいないですよね。

しょうもないことに大切な時間を消費しないように。コントロールできないことや、どうでもいいことに無駄に悩んだり気にしたりしないように。

今日を生きる

人生は”今日”という日の積み重ねです。今を大切に、いのちを大切に、今日を生きましょう♡

今日は2022年12月12日です。今年最後の20日に、時間の使い方の考えをまとめました。最後に皆さんにご質問ですーーー

あなたの今日の幸せはなに?

アイデンティティ

前回美意識についての記事の最後は「ブスだと自覚した方がラクに生きる」と考えていたが、やはりダメです。ブスは居ません!!

私は美人だ。美人じゃなきゃダメ。忘れちゃいけない!

いつも出掛ける前に支度の時間に、夫から「まだ?まだ?まだ?」ともう十数年に毎回催促されます。

「大変なのよ、美人の名を守るのは!」とふざける表情を見せる私。

「わっはっは!美人なの?そう思ったことがないけど」と挑発してくる夫。

無視無視。美人は顔やスタイルだけじゃない。オーラこそ全てだぞ!!

それだけは自信がある。小さい時から「かわいい、きれい」と言われることに慣れてるから、いつ誰に言われても、「まぁ〜ね。ありがとう♡」という感じ。街に歩いてて、2度見3度見されるのはふつ~でしょ。

生意気なやつだなぁーと思うでしょう?

いいのいいの。嫌われていい。それが私。おばちゃんになってもおばあちゃんになっても、美人オーラは勝手に放つから眩しい光にご注意!

嫌われても気にしないから堂々と自然体に居られる。自信があるからいつも心ひろく人を許せる優しく受けとめられる。

これも斎藤一人さんのお話だけど、「男にとって女性は絵。一枚でも何枚でも飾りたがる。」そうですか~そうであれば、私という絵は、粗末に扱われるなら勝手に飾らないでほしい。色や柄しか見ないなら飾らないでほしい。絵の奥深い意味がわからないなら飾らないでほしい。大して好きでもないのに他の絵と一緒に並べて飾らないでほしい。

私の絵を外してください。

私の美を解かる人しか見てほしくないから。その人に出会えたら、一生かけて大切にしたい。

なので、生きる以上、美を磨き続ける。美は見た目より「個性」です。

美人というアイデンティティをいつまでも大事にする。それは私の生き方です。