-90d’22 Be an explorer / 探索者であれ

人との会話を通して、自分の考えが整理できた経験はありませんか?

そのように、自分の価値観が会話の最中、もしくは会話した後で浮かんでくるケースが多いと思います。自分のパーソナリティも、人との関わりで主観的ではなく、客観視できるようになるものです。

自分自身に向き合うことがとても大事です。ところが、「”自我”への理解」に最も有効な方法は、瞑想のほか、外部(世界・他者)との関わりです。自己成長の第一歩の「気づき」です。この話題を数回に分けて話していきたいと思います。

実世界もウェブも同じく、自分の関心のある分野ごとに情報も溢れ、コミュニティーもたくさん存在しています。人それぞれがマグネットのように、お互いチョイスしています。例えばどのブログを読むか、どのような情報に関心があるか、どのようなコミュニティーに入って誰と交流したいか。それにそれらの情報や他者への、自分の反応を客観的に見ると、面白いほど自分自身の好み、価値観、パーソナリティが、はっきりに見えてくるはずです。

いい意味でも悪い意味でも、他者との関わりの中、自分のチョイスや言動から、「自我」への理解が深まります。

例えば、私はあるコミュニティーに違和感を感じたことがあります。(決して否定する意味ではなく、あくまでも今の段階で今の立場の私にとってのことです。)そのかわりにいくつか国籍・年代・職業を超える知的な勉強会、交流会、コミュニティーに参加しています。自分の関心はこういうところにあるんだーと自分のチョイス・反応からわかるでしょう。Wordpressの環境もその中の一つだと言えます。

例えば、私は「Married at first sight」というリアリティ・ショーを観ていました。客観的に理由を考えると、自分が人間関係(その番組では主に恋愛・家庭・友情ですが)と感情の言語化*に興味があるからです。そしてその番組を通してもわかりましたが、親密な人間関係を築いていくうちに、外部(相手)との関わり方に、内部(個人の中)の良い意味悪い意味での個性と価値観が露呈してきます。しかも一人だとなかなか意識できない、深いレベルで。

*感情の言語化はメンタルヘルスに大いに影響があるスキルです。(今後の記事に書く予定。)

今日の話を簡単にまとめると、
「外部(世界、他者)との関わりで、自己理解が深まる。自分の内部を発見するためにも、外部を探索していく。」

Be an explorer. You will explore deeper into yourself by exploring the world.
外部世界への探索は自分自身への理解を深めることに繋がる。探索者であれ!

Nene Z

今年は残り90日になりました。なるべく5日刻みで自分にも皆さんにもノーティスしていこうと思います。5日ごとに自分の考えをシェアしつつ、このサイトでプログレスの軌跡を記録していきたいと思っています。

余談ですが、正直、探索の過程には、時間コストがかかります。経験値を得るのに対価を払う必要がありますから。結局無駄だったと腹立つこともあるでしょう。無駄にならないように、「経験済」で終わらず、「経験値アップ」には思考・熟考は不可欠です。先週の私はそんな感じでした~

人間関係のミスカテゴライズ

人間関係に悩んだことがありますか?

誰でも多少あるでしょう。その中の一つ大きな原因は、関係のミスカテゴライズです。ミスカテゴライズとは、説明しにくいですが、間違えたカテゴリーに入れることです。

例えば、友達関係のはずなのに恋人関係に発展しようとしても無理があるのです。逆もそうです。恋人関係のはずはのに、普通の友人関係に抑えると辛い。それはオーストラリアのリアリティ・ショーの「Married at first sight」という番組を観た感想ですが、実生活の中にも自分もそのような悩みを経験したこともあって、正しくカテゴライズの成功体験もあります。

夫婦関係もそうですね。長い年月過ぎても、愛ではなかったと悟った夫婦もいるでしょう。逆に夫婦間の本当の愛を理解できるまで数年十年もかかる夫婦も居ます。

もちろん異性関係だけではなく、同性の友人も、親友関係ではないはずなのに無理矢理に距離を縮もうとしても、やはり違和感が出ます。逆の場合、大親友のはずなのに距離を置こうとしたら寂しくなります。

正しくカテゴライズされた人間関係を持つと、心が満たされて充実、気持ちも軽やかのはずでしょう。ミスカテゴライズされた人間関係を持つと逆に悩みになります。悩みは逃げられても、消えるわけではありません。

Photo by Florian Doppler on Pexels.com

私の例をいうと、高校時代からずっと仲良くしている異性の友達がふたり居ます。昔からずっと、お互い大切にしていますが、近くに居てもドキドキ感がなく、遠く離れていても切なさがありません。正しくカテゴライズされた「純粋の友情」です。

大好きな同性の親友ふたりとは逆の経験をしていました。コロナ禍でなかなか会えなくて、だんだん微妙な距離感を感じていました。もう昔のように仲良しではないかなぁーと落ち込んだことがありました。でも意識したくなくても、ずっと隠せない、避けられない寂しさがありました。しょうがないか・・・と思いながらも、どうしても心が欠けている感じでした。この前、一年ぶりに集まって、お互いの本音を打ち明けたら、自分が心に建てた壁が一瞬崩壊されました。やはり親友たちのことが大好きなんだとわかりました。「一生の親友」を「過去の友」にミスカテゴライズした寂しさが消えました。心が満たされた軽やかさは最高でした!

ミスカテゴライズかどうかはどうすればわかるのでしょう。本当に難しいと思います。私の成功と失敗と人間観察の経験から言うと、判断の基準は、心が満たされるか欠けるかです。心からの喜びがあるかないか、苦しいか苦しくないか、寂しいか寂しくないか、辛いか辛くないか・・・経験(浅く広くではなく、心から誠実の深い関係)も重要ですが、「勘」が最も重要ですね。

ミスカテゴライズされた人間関係をどう正すか?それも難しいですね。
(長くなるので又続編に書きま~す)

-95d’22 情報の受信と発信

好きでも嫌いでも、情報がどんどん目に入り、耳に入り、脳に入ります。その情報はあなたの脳と心の栄養になるか毒になるか、見極める知見と経験が問われるでしょう。

私たちは日々意識的でも無意識的でも、大量な情報(知識も)を吸収しています。目と耳に入る情報は土壌のように、自分の養分になるものです。「わたし」という作物はどうなるか、どうなってほしいかを考えると、情報の選別の重要さが改めて感じました。

私は8月末から4週間の「空白」期間を作って、マインドフルネスメディテーション(瞑想)を日々続けて、ある意味の「修行」をしました。その期間に自分の欲しがる栄養を考えました。

その一つはWordpressです。私がフォローしている皆さんの日々の日常生活の一画面、風景、考え、知識、それは私が欲しがる人間味、温かみ、共鳴です。それは私の栄養になるものだとわかりました。

ウェブには大量な情報があります。泥に隠れる光る真珠、妖艶の匂いをする毒花、深海に眠る宝石、見分けるセンスと経験も必要ですが、2つ大事なことがあります。

一つは「あなたの欲しがるものは何か」を念頭にいれないと、情報氾濫の濁流に流されてしまいます。もう一つは、固定観念を捨てて、謙虚でありオープンマインドであること。じゃないといつまでも井の中の蛙のようです。

Photo by ThisIsEngineering on Pexels.com

情報を選別しながら吸収すると同時に、私も栄養となる発信をしたいです。安らぎ、愛、気づき、勇気、インスパイア・・・そのようなエッセンスとなるものを作り出したいです。

情報を届けやすいように工夫していきますが、今日もとりあえず雑談の形で。2022年カウントダウン195日に、【私のブログ観-情報受信者側と発信者側として】でした。

-99d’22 フォロワーは丸いアイコン

意識しているかしていないかにかかわらず、何事もする理由があります。ブログに使う時間と労力の理由(目的、意味)は何か、私は時々見直しします。

過去のブログ観:
ブログをする理由》(2021年10月)
どうしてブログをやるの》(2022年2月)

4週間前(2022年8月末)、私は《人間蒸発》を書いた後、Wordpressを離れました。Wordpressだけでなく、スマホのアプリをロックしたり時間制限したり、自分を外部世界から引き離しました。

外部(特にウェブ上)との接点をなるべくシャットダウンして、自分に向き合う時間を作りました。本当に自分の必要で大事な事は何か、本当に大切な人間関係を見極めるための期間を作りました。

たくさん問題を抱えていた中で、自分のブログについても、客観的に見直して、こうやって自問しました。

ブログで稼ぐ主流の世の中、私の随筆風のブログは意味あったのだろうか。ちゃんとした日本語でもないのにどれほど自分の思いを伝えられていたのか。自分のアウトプットのためと言っても、読み手はこの雑談のような文章の中から受け取る価値はあったのか。「いいね」とPV数の自己満足だったのか?

私の意見ではありませんが、「the number of followers is as important as your bank account.」と言われる時代に、「フォロワーのアイコン数はコインのような物」。では、ブログの投稿の下にフォロワーの丸いアイコンは私にとって真の価値と意味は?!

離れている間、寂しかった。〇〇さんは元気にしてるかな、〇〇さんは台風の影響大丈夫かな、〇〇さんは仕事が順調かな、〇〇さんは・・・、こうやって一人一人を想っていました。フォロワーの丸いアイコンたちは、私が想う友です。血と肉のある一人一人の人間です。

私はブログを楽しんで続けられた理由は、人と人の心が通じ合う瞬間、心と心が暖め合う瞬間、私の心が動かされた瞬間、閃いた瞬間の数々でした。

Followers≠Bank account¥¥¥
Followers=Hearts♡♡♡

では、私のアイコンはウェブ上に何の意味があったのか?バンクアカウントの一つのコインだった?私のアイコンの価値、存在意味は何かを考えました。結論は、that’s out of my control.他人の考えと価値観を操作できないし、しません。私の課題ではないからです。

私の課題は、“sparkle my icon”「自分のアイコンを輝かせる」。つまり、自分の存在価値を高めるのです。そのためにブログサイトにするか事業サイトにするか、どんな価値をどの形で届けるか、どう育てるかを、「Nene Zの2022ラスト100日プロジェクト」の重要項目になります。

今日、2022年カウントダウン199日に、【私のブログ観—フォロワーについて】を共有しました。これからも行動しながら考えを共有していきます。

2022年100日カウントダウン

みなさ~ん!お久しぶりです!!

人間蒸発したNene ZはWordpressに4週間ほど離れていましたが、今戻ります!

今日は特別の日だからです。

秋分の日ですね。それよりも、なんと、今日になって、今年は残り100日です。2022年のラスト100日、カウントダウンスタート!!

この4週間に、たくさんの思考、勉強、成長と収穫がありました。もう眠いのでこれからゆっくり皆さんに報告していきますが、今日は一つだけ宣言します。

2022年のラスト100日、Nene Zの100日プロジェクトを始めます。新しいサイトにリニューアルしていき、「ゼロ→イチ」の新しい挑戦を始めることにしました。具体的には自己紹介の下書きをご覧ください。Aboutページも、これから作ります。

行動しながら考えていきますので、しばらく変更も多いです。

私のWordpressプランは個人用プランなのでデザインの自由度の関係で、なかなか設定がうまく行かず苦戦中ですが、せっかくだからとりあえず作ったドラフトの自己紹介をここに載せます。アニメーションをアップロードできなくて、画像だけ共有しますね。

自動再生スライドと手動の2バージョンをテストしたいので、両方載せます。
→(2022/9/30に原稿を直したのでデータを変更しました。一枚目画像のみアップします。)

失敗は成功の母だから挫折しませんよ^^ではまた近日中に出没します。

人間蒸発

突然ですが、これから「人間蒸発」します。

水蒸気みたいに、ある程度の温度と湿度などの条件が揃うと、水は気体になって蒸発してしまいます。9月を迎える前に、私はそのような時期が来ました。

しかも突然です。沸点に達するのは一瞬です。今まで溜まってきたエネルギーが知らないうちに溜まってきて爆発しました。エネルギーというのは両面性があります。良くとも悪くとも考え方と使い方次第です。

Photo by Bess Hamiti on Pexels.com

着飾りを外して裸になりすっぴんになり軽くなってから戻ります。とりあえず1ヶ月にしようかな。

なので、ホームページに掲載通り、9月のZoom対話サービスは9/25(日)一日のみにいたします。

Bye for now♡

魂を磨くには

体にエネルギーが無くならにように、食事を摂ります。心のエネルギーが無くならないように、何を摂りますか?

心のエネルギーって?心の”エサ”は何ですか?

Mel Robbinsは「Do what energizes you」と言っていました。「魂を輝かせることをしよう」ということです。

人生の目的というのは「魂を磨く」ことだと言えます。だからそれぞれ自分の魂をどう磨くか、どう輝かせるかは知っておきましょう。知らなかったら探そう。

誰にもすぐに分かるものではないです。成長、知識、経験と共にわかりようになるでしょう。しかも変化もします。(探し方はヘルプできるので声かけてくださいね~)

私の最新バージョン(定期的にアップデートしてるから)は下記の5つのキーワードです。

  • Tidy -清潔、整理整頓。私は一日に自分の空間を快適に保つために時間をかけています。掃除と整理整頓などの”過程”は好きでもないですが、快適の空間という”結果”は好きだからやります。
  • Beauty-健康的な美しさ。健康=美しい。年齢や容姿と関係ない自然な美しさ。笑顔が一番!「スマートに食べる、適度に運動する、高質な睡眠を確保する」ことに心がけています。
  • Joy-楽しさ。自分を楽しませることをします。アロマテラピーも、ダンスも、音楽も、挿花も、自然に親しむことも、できる時にできることをします。
  • Love-愛。私には人生の必須項目です。愛を育む、絆を紡ぐのは生涯の修業です。
  • Give-奉仕。「Do what energizes you」(自分がエネルギッシュになれること)を前提に奉仕したいです。

私は忙しいです。皆さんもそうでしょう。だから自分がエネルギッシュになれることをしたいです。心のエネルギーを消耗することを避けます。私の場合は例えば上記5つのキーワードの反対、「ごちゃごちゃ、病気か”不自然で歪曲な美”=醜い、退屈、恨み、略奪」を極力に避けます。

Photo by takenbytablo on Pexels.com

魂を磨くには「Do what energizes you」。

コレクション

人生の時間は限りが有るからこそ、大事なことにエネルギーを使うほうが悔いが少ないでしょう。

自分がわからない》ことに少し悩んでいたのは、この間たまたま蔦屋書店で《エッセンシャル思考》の本を再び手に取って読み直したからでした。

《エッセンシャル思考》を数年前に一読した私は自分がいったい何がほしいのかを考えていました。本当に大事な物事を追い求めるために、エッセンシャル思考なら、絶対””りたい物事以外はすべて””てる考えです。では、「何を取りたいか」をわからないと。

自分がわからない》に書いた「海も好き山も好き」は大した問題ではありません。海に行っても山に行っても楽しめるからです。問題は、「本当は海が好きなのに山に登っている」、「本当は山が好きなのに海に向かっている」状態です。

「何を取りたいか」という取捨の尺度ーーー世間のではなく他人のでもなく、自分の”基準”ーーーを明確させるために、わかるべきことは「価値観」と「何が最も大事であるか」です。私が書いた《不惑》のテーマもそれです。自分の大事なことなども言及しましたが、執筆の時とはすでに少し変化があります。

人間は常に知識と(特にーー)経験と共に変化し続けるので、「新しい自我」が少しずつ生まれ変わりつつあります。定期的に「価値観や大事なこと」を見直しすると、新しい自分が発見できます。

「大事なこと」と言ったら、必ずしも「偉業」の意味ではありません。人によって違います。「宇宙に行きたい」人もいれば、「オリンピックの金メダリストになりたい」人もいます。細やかな幸せの瞬間を、ひとつひとつコレクションのように集めていくだけで満足できる人もいます。愛と絆のコレクション。—それはドラマ【This is us】シーズン6を観た感想のひとつです。

何を経験していきたいか、何が「豊かな人生」にさせてもらうか。人それぞれ答えが違うでしょう。however「取」と「捨」はワンセットで同時進行です。

価値観に合ったことを経験できる人生は、豊かな人生です。
大事なことを大事にして、自分に忠実に生きる人生は、悔いのない人生です。

Photo by Disha Sheta on Pexels.com

PS.有難い事に、私は数え切れないほどコレクションを集めています。So far so good ; )

自分がわからない

ただの独り言です。

私は 海が好き、山も好き。
自然が好き、都会も好き。
アウトドアが好き、家でゴロゴロも好き。
勤勉が好き、ダラダラも好き。
ユーモアが好き、真面目も好き。
倹約が好き、贅沢も好き。
素朴が好き、派手も好き。
冒険が好き、安定も好き。
一人にいるのが好き、好きな人と一緒にいるのも好き。
何でも自分で決めるのが好き、何でも任せちゃうのも好き。

本当に個性がない人だーーー!それが個性?

わかってほしいし、わからないでほしい。

波光粼粼

ヴィパッサナー (Vipassana) 

マインドフルネスのレベルアップは私の目標の一つです。雑学程度から系統的に勉強しています。私にとっては自分の人生に「マインドフルネス」が必要だからです。必要だから飽きるまで追求し続けます。

さて、最近はヴィパッサナー (Vipassana) 瞑想のことを知りました。メモしておきます。

Vipassana is one of India’s most ancient meditation techniques. Long lost to humanity, it was rediscovered by Gotama the Buddha more than 2500 years ago. The word Vipassana means seeing things as they really are. It is the process of self- purification by self-observation. One begins by observing the natural breath to concentrate the mind. With a sharpened awareness one proceeds to observe the changing nature of body and mind and experiences the universal truths of impermanence, suffering and egolessness. This truth-realization by direct experience is the process of purification. The entire path (Dhamma) is a universal remedy for universal problems and has nothing to do with any organized religion or sectarianism. For this reason, it can be freely practiced by everyone, at any time, in any place, without conflict due to race, community or religion, and will prove equally beneficial to one and all.

What Vipassana is not:

  • It is not a rite or ritual based on blind faith.
  • It is neither an intellectual nor a philosophical entertainment.
  • It is not a rest cure, a holiday, or an opportunity for socializing.
  • It is not an escape from the trials and tribulations of everyday life.

ヴィパッサナー (Vipassana) はインドにおける最も古い瞑想法の一つです。長い年月の間に失われていましたが、2500年前にゴータマ・ブッダによって再発見されました。 ヴィパッサナー とは、「物事をあるがままに見る」という意味で、自己観察によって自己浄化を行う方法です。まず心を集中させるために、自然な呼吸を観察することから始めます。そして研ぎ澄まされた心で、精神と肉体が常に変化しているというその性質を観察し、無常、苦しみ、そして無我という普遍的な真実を体験を通して学んでいきます。体験を通して真実を学ぶことが、心の浄化につながるのです。この道のりの全ての過程(ダンマ Dhamma)は、普遍的な問題に対する普遍的な解決法であり、宗派や宗教とは一切関係がありません。そのため、人種や社会的地位、宗教を問わず全ての人々が修行でき、時や場所も選びません。そして、どの人々も等しく恩恵を受けることができるのです。

ヴィパッサナーは:

  • 盲目的信仰による宗教儀式ではありません。
  • 知的、哲学的な娯楽ではありません。
  • 休息による癒し、休暇、社交のための場ではありません。
  • 日常生活における試練や苦悩からの逃避ではありません。
Vipassana Meditation Centre

個人的には、私は宗教徒ではないから良かったです。「知的・哲学的」を少しは求めていたので、そうではないのか。「試練や苦悩」から逃げて癒やしたいと思っていたけど、そうでもないですね。

Photo by Wendy Hero on Pexels.com
夏だから海の写真を使います。海に行ってきましたよ^^今は一生懸命肌の美白ケアをしています。

じゃあ一体ヴィパッサナー (Vipassana) は何なの?百聞は一見に如かず、実際体験してみたくなりました。

このわくわく感が楽しい。やはり「好奇心は楽しさの源」ですね^^