秋に悲しくなりやすい?

秋の季節に、悲しくなりやすい傾向があると言われていますが、皆さんはどうでしょうか。

秋の漢方養生、肝心なところは燥邪から肺を守ることですが(《秋に肺を潤う》)、肺が失調すると、悲しい感情が出やすくなります。理由を見てみましょう。

Photo by Alina Vilchenko on Pexels.com

漢方の考えでは、七種類の感情はそれぞれ五臓の気によって維持されているため、お互い影響を与えます。すなわち、七情の乱れが五臓に悪影響を与えるし、逆に五臓に異常が発生すると感情にも変化が起きます

「悲・憂は肺に属し、悲しみ憂い過ぎると肺を傷る」と考えます。“悲則気消”。悲しみ憂えば、すなわち気は消沈する。悲しみや憂いが過ぎると、肺気を消耗し、意気消沈して呼吸が早くなり、咳が出る、話したくない、声のかすれなどの症状が表れます。

わかりやすく言うと、悲しすぎると肺に良くない。肺の調子が良くないと、悲しい感情が生みやすいし、憂鬱になりやすい。

病因(疾病を発生させる原因)を体外の原因である「外感」と体内の原因である「内傷」の2つに分けて考えます。
内傷の分類の中で、「怒・喜・思・悲・憂・恐・驚」の7つの感情、すなわち「七情」の乱れは、臓腑に影響して疾病を引き起こす原因となる「内傷七情」という大きな部類があります。七情そのものが病因となるわけではなく、それぞれの感情が急激で強烈な精神的衝動や長期間に及ぶ持続的な精神刺激によって起こる場合に、健康を害する原因となります。

《相思成災》

中国語には「悲凉好个秋」の俗語があって、「秋は悲しくなる季節」の意味です。その漢方的な理由は、肺の気が秋の燥邪に襲われているだからだ。秋には、肺を潤うことと、悲しみ憂い過ぎないこと、身体にも精神的にも気をつけて秋を健康に楽しもう。

漢方は”中庸”が基本です。私はどっちかというと情熱的な性格なので、子供みたいに大喜び、心から思い、怒鳴ったりすることも、悲しくて大泣きすることも・・・今まで”火の鳳凰”(ちょっと意味不明な喩え?!笑笑)みたいな生き方だから、中途半端な感情の度合いがなかなか難しいです。まだまだ中庸に程遠いですが、控えめな「七情」を学んでいこうと思います。次の「漢方—七情」シリーズの投稿も楽しみにしていてくださいね^^

Brick by Brick 積み上げ

Mel Robbins(アメリカの作家)の「brick by brick」という考えが好きです。夢があるなら、レンガをひとつひとつ積み上げていくように、とにかく行動しなければいけない。

《日々耕耘》は畑バージョンでしたが、今回はレンガバージョンです。日々継続・行動の重要性を角度を変えて繰返し書きたいと思います。

目標が大きくても小さくても、失敗を恐れずとにかく一歩一歩行動する必要があります。うまく行かない時に、「あ、このレンガの積み上げ方は間違っていたんだ。見直ししてやり直そう」「このレンガの形は合わないのだ。違うレンガを選ぼう。」そもそも失敗ではなく、フィードバックである。そういう意味で「後退もある意味の前進だ」と思います。少しずつでいいから、行動する!が肝心です。

自分の運動の話を例えにしましょう。私は若い頃に運動とは無縁の人生でした。30代から肩こり腰の痛みの改善として、ヨガを少しずつやり始めても何度も挫折しました。去年のステーホーム期間からやっと日々の習慣になりました。昔はマッサージ屋の常連でしたが、ヨガをやってセルフ整体できるようになり、マッサージに頼らなくても肩や腰の調子が良くなりました。

ヨガを健康維持のためにしていますが、他にもキープフィットのために、散歩や筋トレやズンバなど自分の体質や体調に合わせてほぼ毎日運動しています。

こうやって日々の積み上げで、体調がよくなり、体型も自分の理想な姿に近づいていくのを実感できて、モチベーションも上がる好循環になっています。最近は特にユーチューブでマリナちゃんの踊るエクササイズにハマっています。ノリノリの洋楽BGM、踊りながらストレス発散できて超楽しい(≧▽≦)

運動やダイエットの話を例として挙げましたが、運動のことだけではなく、何事でもとにかく「brick by brick」やりましょう。積み上げていくうちに、自分の夢の形が現実に現れます。

Pick up your brick 🧱 Today!

追伸:レンガを積み上げる前に、設計図が必要のも忘れずに!それは目標設定法の大事な話です。(オンラインサロンで「夢実現サポート」コーチングコースを準備中です。←それが私のone brickね□■□■□■)

日々耕耘

耕耘(geng yun)を中国語で書いているつもりでしたが、調べたら日本語もありました!意味は中国語と同じです。耕耘(こううん):田畑を耕し、雑草を取り去ること。耕して作物を作ること。

人生も農家が農産物を作るように、日々「耕す」のが良いと思います。「種を蒔き、田畑を耕し、作物を丁寧に育ち、実りを収穫する」の繰り返しで、人生はこうやって豊かになっていく。

Photo by Pixabay on Pexels.com

「毎日を大切に過ごす」、「有意義に過ごす」、「毎日を価値のある一日にする」をよく聞きますね。私は毎朝に「Make every day your masterpiece」という言葉で自分にマインドセットします。

一日の終りに、今日もわ・た・しという「masterpiece(傑作)」を創り上げるために耕耘した!と満足して寝られます。

秋に肺を潤う

久しぶりに漢方養生のカテゴリーです。今回は秋の養生についてお話します。

いきなりですが、《黄帝内経》の書いてある内容を(少しだけ)日本語で紹介します。秋は「容平」という季節です。「地の気がはっきりしてくる中で万物が成熟し、容(かたち)が平定する」意味です。草木を枯らす空気(蕭殺の気)から心身を守るようにして、気を徐々に収めて、心を安らかに保つことが大切です。この法則に逆らうと、肺気が損なわれ、冬に蔵することができず、冬に不調が出やすくなります。

秋の養生のポイントを簡単にまとめると2点です。1、「燥邪」を防ぐ。2、「潤肺」(肺を潤う)。

Photo by Stanislav Kondratiev on Pexels.com

中国も日本も秋は乾燥の季節です。心身に悪影響を与える乾燥を燥邪といいます。皮膚病や呼吸器の症状を悪化させるし、便秘も引き起こされます。

秋の乾いた空気はバリアの機能を果たしている肺に大きな負担をかけるため、肺の失調に特に気をつけましょう。

「肺を潤う」ために、「酸甘化陰」(酸味と甘味の組み合わせは身体を潤す)という漢方の考えを基本として、酸味や甘味のある旬の果物や食材で、乾燥を防ぎ、潤いをつけながら、白い食材で肺を養いましょう。

小さいときに秋によく「梨と白きくらげ」のデザートを食べていました。漢方を習って分かりましたが、それは立派な秋の薬膳です。白きくらげはスーパーにそんなに見かけないので、今自分では蜂蜜(甘)とレモン(酸)のシロップを作って、ほぼ毎日飲んでいます。蜂蜜は平性で、脾の機能を高め、肺を潤し、腸の潤しの万能食材です。特に気虚体質に、秋の養生にオススメですが、私は健康に美容に、一年中飲用しています。

話題を変えますが、いつか中国の秘境の蜂蜜(市販の商品との味は雲泥の差!!)を日本で販売できたらいいなぁと思います^^

というわけで、秋には「肺を潤う」ことで体の中から元気に過ごしましょう。

Self-Esteem 自尊心

“自尊”は“自信”の前提であり、幸せで「成功する(自分の目標に対して)」人の共通する資質だと言われています。「自尊心を培う」のは子供の教育にも、大人の自己啓発市場にも、重要な課題として取り上げられています。

Self-Esteem:(自尊心)
How much you like yourself; あなたはどれだけ自分のことを好きか
How much you respect yourself; どれだけ自身を尊敬するか
How much you value yourself どれだけ自分の価値を肯定するか
in your interactions with other people. 

私は小さい頃から周りの大人たちから「自尊心が強い」と言われていたから、自尊心は当たり前のこと、誰でもあり、生まれつきのことだと思いました。大人になって分かってきたが、自尊心の低い人は自己肯定感も低め、十分な自信に欠けて、それを悩んだりする人も結構少なくないそうです。

アメリカでもっとも著名なスピーカーであり、ビジネスコンサルタントの権威Brian Tracyは、自尊心を高めるにはいくつかの方法を提唱していました。その中のポイントを簡単に紹介します。1,自分のことを好きになる。2,自分のスキルや才能を認め、目標を設定し、タスクを一つ一つクリアしていく自分を肯定し褒める。3,自律する。

私はSelf-esteemについて他にもいろいろ調べて勉強したり読書したりしました。自尊心を高めるには、自分自身のことを無条件に受け入れ、自分を愛することがとても重要です。生まれつきの部分もあるかと思いますが、やはり幼い頃の家庭環境の影響が大きいそうです。「無条件に受け入れてくれて愛される経験」は自尊心の形成の土台になります。子供の自尊心を培うには、家庭環境も学校の教育環境が大事です。

Photo by Dominika Roseclay on Pexels.com

大人になってからは、自尊心を高めるにはやはり大変ですが、訓練できることです。自分を認め、自律し、小さな目標をクリアしていく自分を褒めていく。家族や親友やパートナーに、一人でもいいから無条件に受け入れられ愛され、完全に安心になる経験もとてもプラスになります。

「自分を認める・愛せるからこそ、他人を受け入れられる・愛せる、そして他人にも愛される」(Brainの言葉ですが、同感です)。そうなると自身の本来の魅力が自然に出てくるはずです。自尊心があり、自信に満ちいている人は魅力的だけでなく、幸せなんです。

あなたの才能は何か?

さて、あなたの才能は何か?今の仕事って自分に合っているか、成功できるか、この職に就くまま幸せになれるかをよく考えて悩んだりしたことがありあせんか。それを見極めるために、まずは自分の才能を知っておこう。

才能とは、無意識に繰り返される思考・感情・行動パターンであり、何かを生み出す力だ。だとえば、頑固さ、神経質といった欠点さえ、それが力を生み出すなら「才能」となる。
才能はだれにでも必ずある。

才能とは一人ひとり独自のものであり、そこにこそもっとも大きな「成長する可能性」が秘められている。

成功を収めたすべての人々に共通すること。それは、自らの才能を磨き、仕事に活かす術を知っていることだ。

常に完璧に近い成果をあげるためには、自分のことをもっと知っておかなければならない。

《NOW, DISCOVER YOUR STRENGTHS》
Photo by Vlada Karpovich on Pexels.com

自分には才能なんて無いよ!と謙虚になる必要がありません。だれでも強みがあるからだ。

「ポジティブ心理学の祖父」「強みの心理学の父」として、全米心理学学会からその功績が認められているDonald O. Climton氏(ギャラップ社の元会長)のStrengths Finderで、一人ひとりの才能(強み)を34の資質プロフィールを見つけることができます。自分の強みを見出し、活かすことで、キャリア設計の大きなヒントになると思います。

これからは経験談です。私は過去数社に転職したことがあり、業界も職種もさまざまでしたが、短い間の翻訳職は別として、企画・貿易・マーケティングがほとんどでした。一見関係なさそうですが、実は共通点として、「パソコンに向けてマイペースで作業を進められる」「事務処理のスピード感が必要だが、やり方は任せてもらえる」「社内各部署と、社外との協力や連携が必要」、それらは私の「マイペース」、「表裏顔がないから興味のない相手に無愛想」、「他人の指示通りが嫌」といった「短所」をカバーできて、自分の「創意工夫」「タイムマネジメント」「協調性」「判断力」といった「長所」が活かせる仕事でした。

あるきっかけで、自分が「絶対一対一(BtoC)のコミュニケーションをするような仕事がいや」という固定観念を変えました。逆に自分はこんなに人とコミュニケーションをするのが好きなんだと目覚めて以来、セカンドキャリアとして、人と直接に接する仕事をしてみようと考えるようになりました。

自分の強みに目覚め→磨き→仕事に活かすことができたら、その仕事に満足感も幸福感も得られるはずです。

ギャラップのStrengths Finderのリンクを貼っておきます。アクセスは無料ですが診断は有料です。ご興味ある方はどうぞアクセスしてみてね。→ gallup strengthsfinder

幸せの前提

3日前に右肘に突然な激痛が走って、昨日から腕が腫れっぽくて動かせないぐらい痛みが出ました。テニスをしたことないのに、「テニス肘(上腕骨外側上顆炎)」だと診断されました。昨日から右腕が使えない生活を体験中・・・

というわけで、改めて「五体満足だけで十分に幸せ」ということを思いました。幸福の基本、前提は、皆さんご存知の通り——「健康」です。セロトニンは健康の幸福物質とも言われています。セロトニンを増やして幸福を手に入れるのは大事ですが、まずは病気で失わないようにしないことですね。

「健康」というセロトニン的な幸せは、失わないと気づきにくい幸福とも言えます。私の右肘の痛みもまさにそうです。毎日悩みが尽きないぐらい不平不満を考えるなんて、とんでもない贅沢なことだと今は思います。だって、今の私みたいに、右腕が自由に動けるようになったら、それだけで幸せマックス!と思っていますから。

Photo by Pixabay on Pexels.com

結論は、我々人間はあれこれの欲を考える前に、まず「健康である」ことが大前提です。体の健康ももちろん、メンタルヘルスも、自分の身体を大切にして、病気を防ぐ健康習慣を普段から気をつけましょう。私も十分気をつけていて特に不調がない健康型ですが、それでも、もう子供や青年ではない限り、意識的に体のメンテナンスや日々のケアが不可欠です。(私の身体は今「工事中」状態ですからしみじみに実感しています。)

言うまでもないことですがあえて繰り返し言います。やはり健康こそ、幸せの大前提です。幸福度をアップさせる前に、まずはマイナスにならないようにしましょう!

Passion – 好きなことをやろう

Photo by Monstera on Pexels.com

結論は、仕事も生活も心からパッションを持ってください。パッションこそ、幸せの鍵です。パッションを持てない仕事や生活だったら、何かを変えてみた方がいいです。

常にわくわくの道を選ぼう。それは、幸せになる道です。

Serve – What can I do for you?

私はOprah Winfreyの言っている「Serve(奉仕)」という言葉に心を打たれました。

彼女は「真の幸せは、奉仕だ」と言っています。 「もしあなたは幸せを感じてないならば、もっと奉仕しなさい。」彼女の成功と幸せの理由はまさに「奉仕」し続けてきたからです。

会社勤めの場合、福利厚生面ばかりを考えるより、まずは自分が会社のためにどんな価値を創り出せるだろうと考えよう。雇う側の立場から見ると、あなたを雇う理由がないと雇いません。日本企業は能力だけでなく忠誠心や人情を考慮してもらうところがありますが、外資企業で見てきたのが、残酷なほど能力重視でした。価値を生み出せる人間でない限り、評価してもらえないのは当然でした。

私の親友の話を例にしましょう。彼女は一時、仕事に躓いて先が見えませんでした。おまけに人間関係も険悪でした。転職しようかと悩んだ末、彼女は新しい事業企画を考えて社長に持っていきました。社長は彼女の挑戦に非常に評価し、新部署を創り、彼女を責任者に任命しました。その後新部署の業績がどんどん伸びてきて、彼女は40歳で部長に昇任しました。会社のために自分ができることを見つけてきたからこそ、自分もその仕事に満足と幸せを感じます。

これは仕事の場面だけではなく、人間関係もそうだと思います。満足度の高い人間関係はお互いギブアンドテイクで成り立つと思います。特に夫婦関係はそう思いませんか。私は独身時代一人暮らしの頃、お皿洗いが一番イヤな家事でした。その当時に付き合っていた彼氏が、仕事帰りにお皿洗いだけを手伝いに来てくれました。「あなたのやりたくないことを、私がしてあげる」というサービス精神で。その彼は今の夫です。結婚後も、お互い協力し合いながらのチームワークで家庭を営んできています。

Photo by Susanne Jutzeler on Pexels.com

「生き甲斐って奉仕です」。私はOprah Winfreyのその言葉に賛同です。私たちは誰かに奉仕するために生きています。自分の能力を最大限に発揮し、この社会に世界に何かの形で奉仕するために生きていると思います。私も、常に自分は何ができるんだろうと考え続け、学び続け、行動し続けてきましたし、これからも続けていきます。それこそ私の価値であり、私の生き甲斐であり、私の幸せの源です。

恥ずかしいから小さい文字で書きますが。私の中学時代の将来の夢は、中国の主席になりたかった(笑)。その後分かったが、中国じゃ一庶民が主席になれるもんじゃないと。そしたら自分のできることからやりましょう、少しながらも周りの人の力になりましょうと現実的に考えるようになりました。

What can I do for you? That’s where my happiness comes from.

艷やかな髪

皆さん、髪の毛の悩みってありますか?今日は、美髪ケアについて、漢方的な視点からお話します。

漢方では、髪と腎の働きは密接な関係があると考えられています。歳を重ねると腎の気が弱まる為、白髪や抜け毛が増えるのです。中国語で「髪為腎之華(fa wei shen zhi hua)」と言って、髪の状態から腎(臓器の腎臓だけではありません)の健康状況がわかる意味です。

健康できれいな髪を保つ為に、基本の清潔、保湿ケアは言うまでもなく毎日欠かさずやるべきですが、内面からは腎の機能を補う薬膳がおすすめです。腎は加齢に関わるもっとも大事なところなので、腎の養生が老化防止のキーポイントです。

腎の働きによい食材に特にオススメのは黒ゴマと黒豆です。

黒ゴマには強壮作用、末梢の血行障害の改善、白髪や抜け毛の予防、便秘の改善、美肌効果などさまざまな効能があります。漢方の中では特効と言われる「上品」(漢方では食薬物を上品、中品、下品に分けている)の食薬です。中国では“黑芝麻糊(hei zhi ma hu)”という黒ゴマの即席デザートが売ってあります。とても美味しいし黒ゴマの摂取に便利です。日本食の中、日頃に黒ゴマをどうやって食べるんですか。

黒豆は腎臓機能の補いと血行促進の作用があります。日本のスーパーでもよく売っているので良かった。私は黒豆や枸杞子を使って自家製漢方茶をを一年中に飲んでいます。

というわけで、私の髪の毛は質が良くてよく褒められます。同世代(アラフォーですが)の友達は白髪や抜け毛の悩みが出ている人が多いですが、私の悩みはつるんつるんすぎて、髪留めがするりと滑り落ちちゃうんです。(自慢話ですみません 笑)

健康と美は切り離せない関係です。実りの秋は漢方養生の好季節なので、内面から健康と美をどんどん探求していきたいです。