自省と自責

しまった~ あの時ああすればよかった。
そう思った事はありませんか。

私はよくあります。もし時間があの時に戻れるとしたら、「今の私」ならもっと適切な判断・言動ができた。でも、「あの時の私」はあの時に、そうするしかできなかった。

「今の私」は、「あの時の私」と違うからです。
「あの時の私」があの時のことを経験してからこそ、「今の私」になってきました。

経験しただけではなく、経験して「自省」してからこそ、「今の私」に成長しました。

仕事でも、育児でも、人間関係でも、結果的に失敗したことがあります。私は自省はしますが、過度な自責はしません。

自省とは、みずから反省すること。自分のした行為の是非善悪をかえりみること。
自責とは、自分で自身のあやまちを責めとがめること。

なぜかというと、苦い経験を繰り返し、「自省」の積み重ね、すべて成長の過程だからです。「自責」よりも、過去の未熟の自分を素直に認め、自分の過失を受け止める勇気を持つこと。勇気がないと、今後の改善や解決へ向かって進めません。

Photo by Nene Z

人はこうやって、人生を経験していきます。

自省と自責」に2件のコメントがあります

  1. こんにちは^^
    一緒です あの時もっとこうすれば良かったってたくさんあります
    いつもながら とても いい記事ですね(*^0^*)~♪

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。