幸福に気づく能力①

「幸福の50%は遺伝で決められていて、10%は環境によります。残りの40%は自分次第です。」これは何度も以前のブログに言及した内容ですが、では、40%自分次第の部分の幸福度を上げる方法は?

はい。あります。
40%の幸福度を上げる為に、様々なテクニック(幸福になる習慣)がありますが、今回は一つに絞って伝えたいと思います。

—幸福に気づく能力のトレニング その壱—

幸福は「beの幸福」と「doの幸福」二種類があります。doの幸福は、行動をしなければ得られない幸福です。それに対して、beの幸福は、今の持っている幸福に気づけばいいのです。

残念ながら、幸福に気づく能力は誰でもあるわけでもありません。逆に不幸を見つける能力は、ほとんどの人が持っています。

例えば一日の中で幸せなことが7つあって、不幸なことが3つあったら、今日はちょっと嫌な一日だったなぁーと考えちゃう人、居ませんか。すでに持っている「beの幸福」(例えば今日は健康だった、無事だった、ご飯が美味しかった、家族も元気だった、笑顔で会話できた・・・)に気づかないまま、不幸なことを一点絞ってそればかり考えて落ち込んじゃうのは非常にもったいないです。

幸福度への影響が大きい対人関係もそうです。ある人に対して、良いところが9割あって、嫌なところが1割あると、「キライ」と考えちゃうのか、それとも、「気に入らないところもあるけど、ほとんどがいいところだから、好きだ」と考えるのか。考えは人それぞれ自由ですが、着眼点の傾向によって、良好の人間関係を築けるか続けられるかには、局面が変わっていきます。

Photo by Karolina Grabowska on Pexels.com

幸福に気づく能力を鍛えましょう。続編もお楽しみに^^

幸福に気づく能力①」に7件のコメントがあります

  1. 今、体調を崩してしまって精神面でも少し落ちてるので、勉強になります😃ありがとうございます☺️

    いいね: 1人

  2. こんばんは^^
    いいお話ですね 同感です
    遺伝以外の40%は自分でコントロール可能と考えて
    pikaoもその残り分をポジティブに考えて感謝を高めていきたいと思いました(*^0^*)~♪

    いいね

    1. こんばんは(・∀・)
      pikaoさんのブログからすごく幸せ感が伝わります♡幸福度の科学理論がかなり検証できています✧◝(⁰▿⁰)◜✧

      いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。