千里共婵娟

今夜は十五夜です。中国では中秋節といって、お月見の日ですね。中秋節の習慣は、家族や愛する人と一緒に、月餅を食べながらお月見をします。

私は月餅が好みではありませんが、お月見が大好きです。そしていつも月の詩や詞を思い出して、大切な人を思い浮かべます。その中特に大好きな詞(詩とは格式が違う)をご紹介します。

とても意味深い詞ですが、その最後の「千里共婵娟(qian li gong chan juan)」の意味だけを説明すると、「どんなに遠く離れても、同じ明月を眺めていると心が繋がるよ」という感情を表す文です。

お月見すると様々な感情が湧いてきます。喜び、祝福、願い、思念、哀愁・・・同じ月ですが、見る人それぞれの気持ちが違うんでしょう。

Photo by samer daboul on Pexels.com

明月几時有?把酒問青天。
不知天上宫阙,今夕是何年。
我欲乗風帰去,又恐琼楼玉宇,高処不勝寒。
起舞弄清影,何似在人間。
転朱閣,低绮户,照無眠。
不応有恨,何事長向别時圆?
人有悲歓離合,月有陰晴圆缺,此事古難全。
但愿人長久,千里共婵娟。

蘇軾《水调歌头》

今夜、あなたはどんな思いでお月見をするでしょう。

  

  

  

  

  

投稿者: Nene.Z

Sharing tips for Well-being and more

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。