自分をコントロール

問題が発生する時にどういう言動を取りますか。問題が様々なシチュエーションに起こりますが、ここでは人間関係(←今週のテーマ)の問題を例として話しましょう。

一番早くて簡単なのは、外部(他人・環境)のせいにして逃げる。二番目簡単な言動は、第三者に愚痴を言う。

一番の「現実逃避」と、二番の「愚痴を言う」のは多少ストレス解消にはなると思いますが、問題解決には全く役に立ちません。では、どうしたらいいでしょう。

Photo by Vera Arsic on Pexels.com

まずは、感情的にならず、「I am responsible.」(私は責任がある。)—-この言葉を自分に聞かせながら、冷静に問題の発生原因を客観的に分析する。

「現状把握→原因分析→改善立案」、これはビジネスシーンによく使うテクニックですが、人間関係の問題にも同じように適用できます。自分のコントロールできる部分はあるか。自分のコントロールできる部分をどうやって改善するか。そして具体的な言動に移す=MOVE ON。

完璧な人間なんて居ません。私も逃げたり愚痴を言ったりしたことがあります。でも、相手のせいにして責め合いしたり逃げるばかりじゃ、問題は放置したまま、関係は止まるか悪化しちゃいます。自分も得るものがありませんし、不満不平のモヤモヤが溜まってしまいます。自分の「コントロールできる部分」にフォーカスするのは改善の第一歩になります。

これはすべての人間関係問題の対処に使える方法です。

もちろん対処する努力の前提は、あなたはその相手との関係を気になるか・維持したいかどうかですね。放棄する選択肢もありますよ。—それは続編にしときます。

投稿者: Nene.Z

Sharing tips for Well-being and more

自分をコントロール」に2件のコメントがあります

  1. こんばんは^^
    人間関係で問題が発生した場合の解消法ですか
    pikaoが原因だったら問題が残るのは嫌だから正面突破します
    すぐ謝って済んだ場合ももるし弁償した事もあります 
    無理難題でも…ほとんど逃げた事はありませんね
    中にはわからず屋がいたりして解決しない時もありました
    じゅうぶん最善を尽くしたから もういいですで終わります(笑)

    いいね: 1人

  2. こんばんは:-)
    おっしゃる通り、自分側から「十分最善を尽くす」ことですね。そしたらクヨクヨが残りません。私もそうするように目指してます^_^

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。